1週間で5キロ痩せた!食べるだけ究極痩せスープレシピ

こんにちは、アユミです。

今回は、食べるだけで1週間で5キロ痩せる!「究極痩せスープ」のレシピをご紹介します。

補足

わたしは食べすぎて急げきに太ったときの緊急ダイエット時や、産後ダイエットに食べてました。

年をとると痩せにくいという話もありますが、30代で出産後もこのレシピであっさりもとに戻りました。

はじめのコンディションによって反応の早い遅いはありますが、確実に体は正直に答えてくれます。

人の体は心理より素直です。

わたしは昔、よく彼の本音のことをアレコレ考えてましたが、それに比べたらシンプルでほんとわかりやすい(笑)

以前のわたしは、より美しくなりたい、早く、楽に、確実にキレイになりたい!という気持ちで薬局や美容クリニックにあるダイエット系のものを手当たり次第に試してみたことがありました。

例えば消化吸収を抑えるサプリ、運動効果を上げるプロテイン、美容系ではダイエット効果のある点滴とか。

確かに効果があったと感じたものあります。ですが、その中には数日分の食費くらい高いお金のわりに1キロも痩せないとか、やっと数キロ痩せたのに維持するのに定期的に購入しないといけなくて、予約や会社帰りに通う時間のコスト、それが手に入らないと不安になるという心の負担増えて、金銭的にも精神的には楽しいダイエットではありませんでした。

そんな日々に疲れたなと思ってた時に、見つけたのがこのレシピです。

また同時に当時の彼(夫)と付き合うことで、わたしの自信も少しずつついてきて精神的に安定していきました。

食生活から見直す「健康的なダイエット」に目を向けるようになると、おだやかではありますが肌質も体型もコンディションはよくなりました

ちなみに、この料理の元ネタは、…たしか、ものすごく太ってる人は心臓に負担がかかりすぎてるから緊急で痩せるための医療としての低塩レシピでした。

緊急ダイエットの効果がある料理

というのを探してたらたまたま見つけました。

なぜかコレやってみよう!と続けてみたら2日で2キロ痩せたのにはびっくり!5日続けると4キロ。7日で5キロ痩せました。しかも体調はとても良いし、安い。

とても効果があったのですが、問題が2つありました。ずっと食べられるメニューじゃない(美容に必要なタンパク質や脂質が少ないなど)、飽きる。

何度かこのスープを作り続けるうちに、痩せる効果はそのままで続けやすい独自のメニューができました。

ただ、長期間はおすすめしません。続けても2週間くらいにしてくださいね。

これだけ食べれば良いというのは楽ですが、心身ともに良くありません。食事を最愛のパートナーと楽しむのも人生を豊かにするひとつです。また、やはりバランスよく食べないと栄養バランスを崩したり、同じ食材を食べ続けるのはなんらかのデメリットがあるからです。(農薬や添加物を知らずに多く取ってしまうリスクとか)

この痩せるスープは、ダイエットをこれはじめる!でもいきなり食事制限はしたくないとか、痩せるために運動をする気が起きないと思っている人へ、ダイエットをはじめる際の起爆剤になればいいなと思い紹介します。

なので、今回のスープで数キロ痩せたら、そこから別のメニューに切り替えて、もうちょいハードな運動などの積極的なダイエットを進めるとかおすすめです。

ちなみに、すでにBMIで痩せ気味の人がやった場合にはさらに痩せるかはわかりません。

あと、重度の摂取障害のある方にもおすすめしません。(自分の経験上、別の手順の方が良いです。長くなるのでこれは別の記事で書きます)

ではレシピです。

調理時間目安10分!

「究極痩せスープ」のレシピ

基本材料は、キャベツ半玉、ブロッコリー、玉ねぎ2、トマト3、ニンジン1、トマトジュース4/1本(無塩)、胸肉1枚(皮を取る)、大豆の水煮

しっかり流水で洗って、一口大に鍋からあふれない程度に切り、鍋にひたひたになるちょい少なめまで水を入れ、煮たたせるだけ。

調味料はトマトジュース(無塩)と塩のみ。最後の味見のときに少しづす入れます。

トマトジュースの量は、キャベツが煮えるとしなしなになるので、野菜がひたひたになるまでの量を目指します。そうすると具材たっぷりスープになります。

また、飽きたら椎茸や舞茸などのきのこ類をいれると食物繊維やビタミンが増えます。

食感を変えたりアクセントいれたければ、セロリやパセリなどの香草、ニンニクを入れるとバリエーションが増えます。

これをよく噛んで、

ながら食べをせず、食材の味を確かめながら好きなだけ食べる。

お弁当変わりにするものおすすめです。最近ではスープを入れる容器があるので便利ですね。

それでも外出中にどうしてもお腹が空いたら、玄米おにぎり(塩なし)。圧力鍋や土鍋で炊けば、もち米みたいにモッチモチになります。お餅好きには満足な非常食になりますよ。

知り合いの栄養士の美しいママも玄米食を食べてます。

玄米は栄養もあるし食物繊維もあるので優秀な主食だそうです。

ただ玄米は固めだったり、良く噛まないと未消化になるので注意。

お米など炭水化物を取ったら太るイメージがあります。わたしも昔は糖質制限のために食べない頃もありましたが、今はおにぎり4個ほどおやつにしても太りません。

フルーツの果糖や砂糖は中毒性があるので注意です。また急激に血糖値が上がるので太りやすいです。

食事以外の水分補給は水にしてました。(塩分、糖分、カフェインを極力とりません)

さらに、いつもコンビニ等でジャンク系に誘われてしまう場合、

その道を通らない

お店に入らないようにします

補足

煮込み中に次回の下処理をするとよりスムーズです。例えば玉ねぎ、トマト、ニンニク、椎茸などは大量に買ってきてしまいます。はじめの料理のときにいっきに皮向いて、切って、サランラップして冷凍しときましょう。玄米もたくさん炊いて、おにぎり状態でパックして冷凍できますよ^^

補足、プロテインや痩せサプリメントについて

わたしは健康的なダイエットを目指しています。理由は、好きな男性に胸を張っていたいからです。

たとえば、せっかく楽しい食事をしても、痩せるサプリメントで吸収率やデトックスのことを考えると罪悪感が生まれて楽しめません。

また、例え体型がきれいだとほめてもらっても、薬などに頼ってることは相手に言えません。

言えないようなことはしたくないからです。

また、プロテインも同様です。わたしが男性なら毎日プロテインを飲み続ける子よりも規則正しい食事をしてる子のほうが健康的で一緒にいたいと思えます。

それにプロテインは内蔵に負担がかかり、長期的にむると美容に良くないです

それから、低カロリーのものだけを食べれば、確かにやせます。

学生時代から妹とわたしたちはダイエット食にあれこれ試し、妹は昔から少食、雑誌で紹介しているスーパーフードのみ食べるとか、トマトだけダイエット等を今でもしてて、確かに痩せてます。

一方で、わたしはタンパク質、脂質等も取り食事はバランスを考え運動も適度(おもにヨガ)にする派。

何年もお互いの信じるダイエットを続けた結果、姉妹で肌質や髪の量にある変化が出ました。(肌質は紫外線対策もあるかもですが)

昔は妹の方が髪がフサフサてキレイなストレートだったのですが、今ではわたしの方がツヤも量もあり、親には時々会うたびに「昔は妹の方が多かったんだけどね、あんた髪多かったのね」と言われるように。

20代の頃はたかが髪の量、と思ってましたが、30代の今、髪の量は見た目にかなり影響するなと感じてます。

栄養やホルモンの変化で髪は抜けるし、髪質も変化します。実際に妊娠中や産後は体内の栄養が子供にいくため、妊婦さんや授乳中の人は抜け毛がひどくなります。わたしも夜のブローでざっと数えただけで40本も抜けてました。ですが、授乳期間が過ぎたらもとに戻りました。

昔はわたしもカロリーを気にしてこの栄養はこの食材、サプリしか取らないとか決めてプロテインを飲んでたこともありましたが、今はかたよった食事は美容によくないと気づいたので、バランスの良い食事を心がけてます。するといつの間にか食事に対する罪悪感も減り、心も健康になった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です